未成年の医療脱毛


医療脱毛で人気のVIOとは?

未成年の医療脱毛

未成年の医療脱毛 未成年でも医療脱毛を利用できますが、注意点もあります。まず、高額の費用負担と火傷などのリスクがあるため、親の同意がなければ利用できません。医療脱毛を利用できる年齢に関してはクリニックで異なりますが、18歳未満の場合は体が成長途上であり、皮膚が弱くリスクが高くなることから親の同意書だけでなく同伴も必要です。
また、18歳以上になっていれば影響は少ないですが、それ未満であればホルモンバランスが変化して今まで生えていなかったところに新しく毛が生えてくることがあります。医療脱毛は既に生えている毛が再生しなくなるようにするものであり、まだ生えていない毛の生成を抑制するものではありません。そのため、脱毛が完了したと思っても再度施術を受ける必要が出る場合があるので注意しましょう。重度のコンプレックスを感じてすぐに対処したいような状態でなければ成長してから施術を受けた方が無駄なく費用を抑えて医療脱毛を利用できます。

医療脱毛前に保護者の許可が必要なケース

医療脱毛前に保護者の許可が必要なケース 医療脱毛前に保護者の許可が必要になるケースとして未成年者の利用が挙げられます。これには身体的な理由もありますが、最も大きな要因は法律上の制限です。
まず、医療脱毛では高い出力のレーザーを皮膚に照射するため肌荒れややけどの危険性があります。また、ホルモンバランスの変化で脱毛が終わった部位から新しく毛が生え、効果がないと勘違いするなどのトラブルが起きることが考えられるため、保護者が内容を理解して許可しなければなりません。
法律上の制限に未成年者契約の取消しがあり、適用するためにはいくつかの条件を満たす必要がありますが、知識や経験が不十分な未成年者を保護するために本人や保護者が一方的に契約を破棄できる制度があります。このときにサービスを利用していても代金の支払い義務がなくなるだけでなく、既に払っていた場合は返金も要求できるため、クリニックにとって未成年との単独契約はリスクが高いです。これを防ぐために保護者の許可を必要とします。


Copyright 2017 医療脱毛で人気のVIOとは? All Rights Reserved.